なぜ放牧養豚?

現在日本の9割の養豚農家が、効率優先で豚がほとんど身動きできない環境で養豚を行っています。
ストレスをできる限り少なく、行動要求が満たされた、健康的な生活ができる飼育方法をめざすアニマルウェルフェアの考え方に基づいて、狭い豚舎ではなく、できる限り飼育面積を広げストレスを軽減することにより、

  1. 成長効率が上がり、肉質が向上する
  2. 抗生物質などを与えずに育てることができる
  3. 糞尿処理に使う浄化槽や送風機などので大電力消費施設が不要になる

など、豚だけではなく、人や環境に対してのメリットが研究結果として報告されています。

ストレスフリーで育てられた豚は抗生物質などを使わず、人の健康に害を与えない。そんな安全な豚肉を「放牧和豚」として世界中の消費者に送り出し、和牛だけでなく和豚のマーケットを開拓していきたいと考えています。